新型コロナウイルス(COVID-19)対策 支援プロジェクト
電力オークションサービス「エネオク」を通じて、 エナーバンクが培ったインターネットでの
相互コミュニケーションを活用することで、 「不安な今」を「明るい未来」につなげます。

支援内容

全国の自治体、小売電気事業者とパートナーシップを組むことで コスト削減の機会を無償で提供します。

<提供サービス>

eneoku
お問い合わせはこちら
03-6868-8463
営業時間 10:00-19:00(土日休日を含む)

なぜ我々なのか

コロナ問題は多くの業界・業種に悪い影響を及ぼしております。 しかしインフラ業界の開拓者であるエナーバンクでは どの企業様へも最善のコスト削減の機会を
提供することが可能です。

<コロナ影響が強いとされる業界・業種>

food
飲食店
travel
旅行業
hotel
宿泊施設
leisure
レジャー施設
manufacturing
製造業
retail
小売業
event
イベント関連
エネオクは電力切り替えによる
コスト削減で企業の経営に貢献できる 電力会社と関係を構築してきました。
今コロナで事業の継続、固定費の削減に困っている お客様が増加する中、オフラインでの営業活動が
困難で価値を届けにくくなっています。 エネオクはオンライン上で
提案できる機会もサポートしていきます。

自治体との連携

緊急事態宣言から事態の収束および振興まで 全国の自治体と協力・連携し、 コロナ時代における地域産業の維持と更なる発展を目指します。

<自治体連携のモデル>

model
otuki
素泊まりの宿 
大槻屋
SANGE代表 
大槻さん
新型コロナウイルスの影響で、観光が減ったため本旅館での固定費削減を検討しました。 ここ半年、電気代が上がっていたので困っていたところ、今回エナーバンクさんの「エネオク」のお話をいただき活用させていただきました。 いろんな会社の見積を電話とWebで取得ができ、親切に対応いただき会話から2週間で納得の会社を選定することができました。 昨年の台風19号より災害ボランティアの方に部屋を解放して復興を進めています。 丸森CULASTA企業であるエナーバンクさんとともに、地域を元気にしていければと思います。
新型コロナウイルスの影響により、丸森町内の地場企業から商工課観光課や商工会に対して資金繰りに関するご相談をいただいています。 こうした中、民間企業のサービスをさらに活用しながら現況の課題解決を支援していきたいと思います。 電気料金対策について、本町ではコロナ対策の課題に対して様々なアプローチの可能性を踏まえ、既に実施されている東北電力の支払延期対応とともに「エネオク」のような様々な対策について情報発信を行っていきたいと考えています。
otuki
宮城県丸森町
商工観光課
商工班長 
八島さん

緊急支援プロジェクトに賛同いただいた
パートナーご紹介

FBIT
Rakuten
ENERES
JapanDenryoku
HTBE

メディア掲載

thesankeishinbun
電気新聞
PRTIMES
お問い合わせはこちら
03-6868-8463
営業時間 10:00-19:00
(土日休日を含む)
お問い合わせはこちら
03-6868-8463
営業時間 10:00-19:00
(土日休日を含む)